認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 自分にあたえられた今日についてTOP未分類 ≫ 自分にあたえられた今日について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

自分にあたえられた今日について

今日がどんな日だったかを考えてみると
いろいろな個人的なことで一日は過ぎていきました

本当に個人的なことです

でも、もしシュタイナーが言うように
自分自身の思考を自分自身の現実として迎えたのなら

私は私の現実に責任を感じるというか
そこから感じたことを大切にしないなら
その現実を体験したことがもったいないとも言える気がします

何より、そうした眼差しで自分の現実をとらえてみるとすごく面白い

かかえきれないほどのプレゼント
それが現在(present)だな~って

ちょっとまとまりすぎてしまいました







関連記事

Comment

最近ね・・・
編集
思うことはね、今日を穏やかに、大切に。明日じゃ、なくて。今日を、何事もなく、終えたいなあって。
2009年10月07日(Wed) 12:48
意味を・・
編集
今日起こったことを理解したいので
脈絡というか・・
それは自分の責任って思って

起こったことではなく
それを受け止めることが

受け入れるというか・・

コメントいただくと考えるきっかけになります

ありがとう!
2009年10月07日(Wed) 20:08












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。