認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 人の人生は宇宙のゴミ粒ですTOP未分類 ≫ 人の人生は宇宙のゴミ粒です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

人の人生は宇宙のゴミ粒です

昨日人と話しているとき・・
その人は良かれと思って言ってくれているのです
それは初めからわかっていましたが
でも話を聞いているうちに
ちょっと、チクリと言いたくなって来ました

でもなぜ言いたくなったかと考えると
自分の価値観が見えてきます

なんて言ったかというと・・
「国敗れて山河ありと感動する人がいるけど
 私が思うのは
 山河だっていつか滅び去るときが来るなって
 銀河系全体も、いつか滅びますよね
 そう考えれば、人間の一生なんて、宇宙の中で何の意味も無いですよね」
「そんな事考えてる人はいないよ・・」って相手が言って
「考えているのではないですよ だって事実でしょう?」
そういうと、その人は頭を振って行ってしまいました・・

もう、どうしてこんな事言ったかというと
ちょっとムッとしたからです
なんというか、その人が子どもの教育のことで
うちにアドバイスしに来てくれたのはありがたいことでした
でも、その人の考えでは、とにかく無駄なことはするなと
大きくとらえて、将来に結びつくことをやるようにということで
「世界情勢を見てみろ・・日本人の発想では、アメリカや中国に負ける
 バレー部?そんなものはすぐやめたほうがいい
 キャプテンなんて言っても、利用されてポイだ・・」的な

私は・・おかしいのかもしれませんがこう思っています
偶然も含めて
子供の人生はすごくいいものになる
何か心からやってみたいことを楽しく想像するなら
その時は、素晴らしい出会いや人生までもが
そこにおのずとやってくるし
必要なことは、全て手に入れることが出来ることになっているんだもーん・・て

世界的現実や、将来の見通しとかも参考にしたほうがいいですが
根本的には、そういう考えが自分にあるということを感じて
でもそんなこと世間的には全然おめでたいかもしれないので
逆に、事実というものを相手に突きつけてみたくなったと言うか・・
現実を見ろと言うのなら、とことん見てみましょう・・・って

あ~なんか自分、意味不明でした~~







関連記事

Comment

長のつく役割ばっかり。
編集
私は小学校~大学まで、ずっと、ずっと、部長やら、学級委員やら、キャプテンやら、代表やらの、集団の長となる役割ばっかりやってきた人間です(^_^;)

極めつけは体育大学で、部員250人の部長やったことですね。ほぼ神経症の日々でした(苦笑)

それが何か?って感じですね。
無駄かどうかは誰にも決められないですから・・・。

その方の思いやりや親切心、そうかな?って文章を読んだだけですけど、感じました。

誰かにアドバイスや助言をすることで、自分のペルソナ(仮面)を守ろうとしている人はいっぱいいますからね。そういった見方で人を見ると、むむむっ(@_@;)ってなります。

キャプテンは使い捨てなんかじゃないですよ。
特別な存在でもないですけど、損得でもないですからね。

キャプテン上等!!って感じっす(^O^)b

hasutamaさんは、おかしくないと思いますよ。
でも、(嫌な思いの)祝福が訪れたんですね。ちなみに昨日、私にも訪れましたっ!

人間関係はなかなか学びが多いですね(^_^;)
状況も解らない私があれこれ書いてすいません!お許しを!!

2010年05月22日(Sat) 04:13
ありがとうございます!
編集
そもそも・・誰もが認めるような、人をひきつけ統率できるだけの魅力や、能力や、目的意識の高さ等々がある方でなければそういう役割をまかせられることは無いですから、房さんはほんとにほんとに、文章からも感じられますが、とてもカッコいい方なんだな~と、羨望まじりで憧れてしまう私です

私などはとんでもない自己中だし、ぼ~~としているし、人と接するのが苦手で・・運動神経も無く・・ダメダメなわけですので・・i-240

子供がキャプテンになって自動的に私も部長になりましたが、こういうのは人生で初めてのことでした

価値観や意識のずれを、結局のところ最後までどうすることも出来なかったのですが、自分としては得るものを得たと思えて、損どころか非常に有意義な経験でした

その人が損したか得したかは、経験から価値を見つけ出す能力しだいなのではないかと思います

嫌な経験を、嫌な経験で終わらせるのか、祝福を見つけられるのか・・にも繋がります

神とは「能動性」であると、何かで読んだことがありますが・・

気持ちの方向性によって、経験が違ってくるのは面白いですねi-239
2010年05月23日(Sun) 06:08












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。