認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 私を泣かせてくださいTOP未分類 ≫ 私を泣かせてください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

私を泣かせてください

朝起きたら頭の中に管弦楽の伴奏が鳴り響いて
思わず歌いながら起きてしまった



ヘンデルの曲はすごく好きなので、この曲を歌えるのは嬉しい
曲との出会いは人との出会いのように面白いです

好きになることが出来れば、たくさんのことを教えてもらえます

この映像はカストラートの映画の中のものだと思います

歌に人生を奉げた人達の鬼気迫る空気が伝わってきます

そして地上のものとも思われないほどの歌の、声の、力にただ呆然としてしまいます

私のような門外漢が、この、同じ歌を歌わせていただくなど・・
本当に申し訳ない気がしますよ

関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。