認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 宇宙のおかあさんに聞いてもらいます!?TOP未分類 ≫ 宇宙のおかあさんに聞いてもらいます!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

宇宙のおかあさんに聞いてもらいます!?

だんだん歌の発表の日が近づいてきて、焦るけど何も出来なくて・・というより
何をどうしていいのかわからないので、寄る辺ない気持ちでただただ時間が過ぎてしまいます
多分、声楽的にはそんな状況・・

でも、神秘学徒的にはいろいろと得るところもあります
つい考えてしまうのは、なぜ人間は歌おうと思ったのか?
なぜ狼は遠吠えするのか?
なぜ鳥はさえずるのか?
音を発するに当たって、耳は先にあったのか?
空気というのは音にとって何なのか?
宇宙空間では歌は聞こえるのか?

以前放送大学をふと見たときに、鳥の鳴き声の研究をしている人が出ていて
言葉の発生より先にあったのは歌ではないか?という説を彼自身が研究しているらしく
そうかもしれないと思わせるような、面白い研究だった

子音、母音、響き・・その根源的な意味において歌をとらえて
歌詞やメロディーという人間的な世界を
宇宙的なものに同調させる試みとしての歌・・てどうでしょ?
おかあさんに、こんな事があったの、こう思ったのと一生懸命に訴える子供のように
そんな気持ちで歌ってみるのはどうかしら?

声の大きさではなくて、その響きの深さによって、その色を
おかあさんは必ず聞き取ってくれるから

本当に素直に、そのことに安心して、歌ってみるというのは・・?
関連記事

Comment

きっと…
編集
♪雀はとっても歌が好き~、かぁさん呼ぶのも歌で呼ぶ~♪の歌がわたし何故か好きです。

hasutamaさんの歌声、宇宙のお母ちゃんは聞き分けてくれる気がします(^^)

ふぁいと!です(^-^)
2010年05月19日(Wed) 13:50
ありがとうございます
編集
ピチクリピ~♫のその歌、私も好きです!
かわいいですよね

発表の当日まで、歌に対してのアプローチを頑張っていったら、歌というよりも自分そのものが、何か大きく変質できそうな・・予感です

歌へのアプローチなつもりが、歌が私にアプローチしてくれているような・・そんなことを感じて、とても楽しいです

歌はただあるのではなくて、生きている存在なのかもしれません

生きている私の気持ちと歌の気持ちが合わさって、響いたらお母ちゃんがきっと褒めてくれますよね!
2010年05月19日(Wed) 22:49












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。