認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 神秘学的認識方法のことTOP未分類 ≫ 神秘学的認識方法のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

神秘学的認識方法のこと

・・すごい題ですが

ちょっと思いつたことをメモしておこうと・・

シュタイナーの、深~い思いやりを実感するに至った、そんな気もしたので

まじ、シュタイナー、ありがとう!

一体なんだ??って話です

シュタイナーの本を何年も読んできて

最近はあまり読んでいません

でも、それは他に読むものがあるからです

それは・・神秘文字です

神秘文字とは何か??

それは、実はあっているのかどうかはっきり確かめていないけれど

自分ひとりだけで、そう思っているのは

それは全てのことです

はじめに言葉ありき・・そんな言葉があります

言葉によって全てが在らしめられた・・もし、そうだとしますと

全てのものは、言葉から出来ている、そう裏返してみることも出来ます

つまり、すべての事象は、読み物としても楽しめるわけです

そして、それが神秘学的な認識方法なのではないか?

そんなことを、思いついてみました

で、なぜシュタイナーに感謝かといいますと

シュタイナーの著書を読んでいると、知らず知らずのうちに

その認識方法に親しむことになっている

シュタイナーの言葉を信じる信じないは関係なく

(というより、すぐに信じたりしないほうがその方法の習得には良いのかも)

それが自然に身につくような書き方を、彼がとってくれていたのだということに

ハッ!!と気がつきました

なんて親切な人なんだ!

まるでバレー侍みたいに、遥か遠くから、突き放しながらも見守り

私を連れてきてくれたことに、心から感謝したいです

ありがとよ~ シュタイナ~ ラブチュ~送ります!



関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。