認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 星の力を意識するTOP未分類 ≫ 星の力を意識する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

星の力を意識する

ほんと忙しすぎて、疲れてしまっています

疲れているというのは、憑かれているということ
ダリーという神みたいなものがいて、そいつが来るとダリーのですね~

アストラル界に行って、エネルギー補給しなければならない
そうしないとダリーにやられてしまう
まるでピコンピコンが鳴っているウルトラマン・・

ところで最近、アストラル体についての発見があり
今までの自分の、アストラル体に対する認識は間違っていることに気がつきました
何ということはありません、高橋巌さんの本を読んでいたら書いてあった

アストラルという名称は、自分のアストラル体がすごく広がっていて
星の世界ぐらいの大きさなのだとばかり思っていました
だからもし自分がでんぐり返ししたら
アストラル体もぐるんって回るの??
星の世界ほどの広がりが、でんぐり返りするのかしら??と
ちょっと期待していたのですが・・

そうではなくて・・
アストラル体は、常に星の力の影響下にあるからアストラル体というのだそうです
なんだ!全然違うじゃない・・真剣にでんぐり返しの妄想していましたよ~

でもそれならそれで、また想像は膨らんで楽しめるというものです

星の影響ってどんな?
自分の星があるとか?

そう思って調べたら、シュタイナーお薦めの
「12の月の美徳」の瞑想というものがあることを発見しました

生きていることそのものが瞑想のような気がしているぐらい
私は現実の感覚が希薄なところがあり
特に瞑想したい気はしないのですが
これはけっこう面白そうです
この言葉を心に置くことが瞑想なのだそうです

〔おひつじ座〕 畏敬の念が犠牲の力になる

〔おうし座〕 内面の均衡が前身へと向かう

〔ふたご座〕 持続力が誠実さになる

〔かに座〕 無私無欲が心の浄化になる

〔しし座〕 同情、苦しみを共にすることが自由になる

〔おとめ座〕 礼儀正しさが本当の真心になる

〔てんびん座〕 満足が平静さになる

〔さそり座〕 忍耐が認識、洞察力になる

〔いて座〕 思考のコントロール(おのれの舌に注意せよ)、それが真実への感覚になる

〔やぎ座〕 勇気が救済の力になる

〔みずがめ座〕 沈黙(秘密厳守)が瞑想の力になる

〔うお座〕 寛大さが愛になる



身近な人を思い浮かべてみると
この言葉たちが、すごく面白く感じられます

ちなみに私は獅子座です
「同情」とか、「苦しみを共にする」とか・・そういうのは聞くだけでも気持ち悪くて苦手で
この言葉には、やられた~!と言う感じがします
その苦手感が、かえって自分を不自由にして孤立させるのかもしれません
ちょっと頭においてみて実験してみようと思います





関連記事

Comment

こんにちは。
編集
hasutamaさん、こんにちは。
せっかくプロともになっていただいたのですが、そちらのブログはいろんなしがらみが実はありまして、書く内容に偏りが生じていた自分やら、なんやらに重いものを感じていたので、今日思い切って閉めてしまいました!

ですので、名前も替えて新規にブログを立ち上げました。足あと残してくださっていたので、もうご存知であると思ったのですが、ご連絡させていただきました。

ブログの方は、自分のためにも、ぼちぼちやって行こうと思っています。
どうぞこれからもよろしくおねがいします<(_ _)>

ちなみに私は、おうし座です。
「内面の均衡が前身へと向かう」・・・う~ん、すごく響いています。なんでこんな素敵な言葉とこの時期にであるのだろうかっ!と、とても感動していたりします。

hasutamaさん、取り上げてくださって感謝です。
ありがとございます^^
2010年05月06日(Thu) 19:37
snail@房さんへ
編集
お気遣いいただき、すみませんi-237

新しいブログに、もうお邪魔してしまい、教えていただいてもいないのに、なんかストーカーみたい??と、どうしていいのか考えていたところでした

ひき続き記事を拝見できるので、内心ヤッタ!と、思っていたのですけどねi-239

ぜひぜひ今後とも、房さんの言葉で魂に充電させていただきたいです

変てこかもしれない私ですが、どうぞ宜しくお願いします
2010年05月07日(Fri) 10:00












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。