認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 先生はバレー侍!TOP未分類 ≫ 先生はバレー侍!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

先生はバレー侍!

バレー部が、おっとっとな感じになってきました
(いい感じなおっとっと・・)

話は複雑になりますが、今どきの子供のスポーツ事情とでもいうか
とにかく小さいうちからやらせて、越境してでも強い学校へ入って・・
みたいなことは、よくあるようです

娘が中学に入って「少し大変でもバレー部に入って頑張ってみたい」と言ったときには
「そうか、じゃあ応援するね」と単純に言ったものでしたが
ジュニアバレーに子供が行っている友人に
「うちもバレー始めたのよ」と言ったら
「え~もったいない!もっと早くからうちのチームに来てればよかったのに」って・・???

実は娘の中学の学区内には、全国大会まで進んだジュニアチームがあります
でも、そのチームの子は、娘の中学には入学しません
ジュニアのコーチと部の先生とのつながりで、バレーの強い学校に入り
電車に乗ったり、親が送迎したりして通学しています
公立の中学でもそんな事があるなんて、正直びっくりしてしまいます

そんなわけで入部したときのバレー部一年は、みんな中学でバレーをはじめた「素人集団」でしたし
先輩も3年に3人がいるだけで、2年はおらず廃部寸前でした
先輩たちの時代は、人数が足りないため、他の学校との合体でなんとか非公式な試合に出るだけでした
年に一度、市内交流大会に合体チームで出場したときのこと・・その全国大会出場のジュニアチームと対戦したら
ジュニア側はベストメンバーを出さず、低学年の子を練習がてら出してきたのだそうですよ・・

そんな複雑な裏事情がありまして・・
ぶっちゃけ、
うちのバレー部、完全にコケにされ続けてきたわけですよ(被害者意識入ります・・)

ところが、面白いことがあります!
娘が中学に入ったときに、新しい先生が赴任されバレーの顧問になりました
そして、ド素人のうちの子達に向かって
「夢は関東、全国だ!」と、本気で言って下さったのです!
そのときは、「この人は・・・だな!」と、胸が熱くなる気がしたものです
大変厳しい指導で、18人も居た部員は9人に減り・・親の先生批判もすごいです
ジュニアがいないのに関東全国??って、みんなに笑われました

ところが、ここへ来て、痛快なことが起こってきています
3年目に入り
越境して行った子たちのチームに、うちのチームが勝つ・・
そんな事が頻繁になってきました・・♪

ジュニアチームの新一年生は、もうすでに越境入学していますが
越境した学校がうちに負けるのを見て、転校して戻って来ようかな??と考えているのだという
そんな噂が耳に入ってきます
(・・ったく、少しでも得をしようと右往左往する者たちよ・・)

内外の人たちの、急に手のひらを返したような態度
「おぬしら・・恥を知れ!」と言いたくもなりますが
まあいいでしょう、その良心の呵責もプラスで
今後、あとちょっとだけど・・最大限に協力してくれれば
なんと言っても、一番頑張って来た人が、一番喜びも得るのですし

先生に一生懸命ついてきて良かったな~と、感謝や嬉しさが心の底からこみ上げてきます
まるでドラマの中にいるみたい
(あれ?これ自分のドラマじゃなくて、子供たちのでしたっけ・・?)
でも、今はまだ感動している場合ではなく、まだまだこれからが正念場です

明日は県大会!応援頑張ってきます
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。