認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ さ・くらTOP認識のさんぽ ≫ さ・くら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

さ・くら

また桜の季節がめぐってきた

去年、通勤で通る道で桜のトンネルをくぐった自分と
今日の自分とでは、何か変化しているかな?と思いながら
同じ桜の木の下を、今日もチャリで通り抜けた

考えてみたけど・・特に何も変化していな~い!

でも無理に考えてみれば、いろいろ思いつくこともある

そういえば、今になってはじめて、去年桜の下を通り抜けたときの自分がわかる気がする
あの頃は、それ以前の自分があまりに非現実な意識の中だけに生きていたのが、
現実の世界に生き始めていたので、地上の感覚を感じることに
新たな喜びを感じていたのだったな・・

自転車をこいで地上を進む~とか
足を一歩一歩踏み出して、地面の抵抗がある~とか・・
空には空間が広がっている~みたいな・・

ほんと・・そんなまぬけな喜びに満たされていたのですね

なんでこの年になってそんなこと感じていたのだろうと、すごく不気味に思いますが・・
頭に偏った生き方をしていて、体からの情報を
ちゃんと処理していないとか、信頼していない時間が長かったのが
やっと情報が流れ出したというか・・
シュタイナー的に言うと、やっと受肉できたのが、去年だったのかも?

で、今年はもっとちゃんと地上にいる感じがすると同時に
面白いのは、以前よりももっと意識が自由に羽ばたける感があるということ
それどころか、不思議なことに、情報が降って来てくれる感まである・・
・・ってことは、そもそも、そういうものは無理に手に入れようとしなくても
常に空から降っていて、自分がまっとうに人間でありさえすれば
自然と感知できるということなのか・・?
なんだ、まるで「青い鳥」の話!

わ~い、わ~い
肉体や物質、今までバカにしていてゴメンネ!!

自分が求めているものは、異次元的なものかと思っていたが
この空間にあって、ひとつの物質なのかも・・??
自分の受容体勢に問題があるから、感知できなかっただけで・・?

そうだとしたら・・この世界にいるということを、今よりも大切にしてみてもいいな・・

「さ」は価値のあるものを、「くら」はたくさんあることを表す語だと
何かで読んだことがある

・・て、さくらのメッセージは、受信できた感じ・・♪
す~ごくまっとうに生きられそうな気がしてきました




関連記事

Comment

おもしろいですね!
編集
>「さ」は価値のあるものを
>「くら」はたくさんあることを表す語だと何かで読んだことがある

これ、とてもおもしろいですね!
さくら=価値あるたくさんのもの・・・ということなんですかね。

私も今日、桜の下を通りました。
そして遠くの桜も眺める時間もありました。

桜を見ると、なんだか灌漑深くなるのが不思議です。
勝手に優しくなってるというか、何と言うか^^。

桜がいっせいに咲くと、とても心地よいエネルギーがそこに循環しているように感じます。
一昨年よりも、去年よりも・・・ですね。



2010年04月09日(Fri) 23:18
ありがとうございます!
編集
桜って、ほんと恐いくらいきれいですよね

豊かなものをありあまるほど贈られていることを有難く思い
襟を正して生きなくては・・なんて
なんかこういうの、照れくさいですが
沙歩さんのおかげで、少しいつもより素直に
言葉が出てくる気がしますi-239
2010年04月12日(Mon) 07:56












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。