認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 外国語の響きTOP外国語 ≫ 外国語の響き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

外国語の響き

昨日は一日外国語して遊んでいた

自分の国以外の言語の響きを口にしてみると
その国の人たちの心のありようが
日本とは全く違うことを感じられる気がしてとても面白い

ドイツ語の、おどろおどろしくくぐもった響き
イタリア語の母音の、明るい能天気っぷり

ネットにある「i know」というサイトでタダで学ぶことが出来る
私はpocotaという名前で登録しているので
やってみる人がいたら声かけてね!

Comment

外国語日和
編集
 今日は私も英単語してました。奇遇ですね。
今日は外国語日和なんですかねー。
2010年01月30日(Sat) 21:53
日和!
編集
「日和」だったのか~!
英語でけだるくJazz歌ってみたいです~
(日本語でさえ歌えないけど・・)
母音をどう響かせるかが、国によって違うことに
興味があります
言葉そのものも音楽みたいですよね
2010年01月31日(Sun) 08:08












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。