認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 熱血先生のスポ根にはまっていますTOP未分類 ≫ 熱血先生のスポ根にはまっています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

熱血先生のスポ根にはまっています

子どもが小さい頃、子育てに自信が持てなくて、たくさんの本を読みました

自分が子育てに持ってしまっている固定観念が
それでいいのかどうか、とても気になったからだと思います

図書館の子育ての棚にある本では足りないくらい読んで
一冊だけ気に入った本が見つかりました
今思うと、それが私の子育てのバイブルみたいなもので

それは羽仁説子さんという方が書かれた「幼児教育の発見」という本です
これは子どもが本来持っているものを信じ見守るというスタンスで
私が思っていた子育てのイメージにぴったりでした
ほとんど、声を荒げたことなどありません!
静かに諭すだけで、子どもはよ~くわかってくれましたから
そんな必要も無くて・・

そんなわけで、今のバレー部に子どもが入って
キャプテンになったのは光栄でしたが
今どきこんな指導法・・!!!?
本当にこわくて・・驚いて熱が出てしまうかと思いました~!!

でも今では、先生の情熱を心から尊敬しています
お陰で子どもも大変精神的に強くなれて
バレーを思う存分楽しんでいますし
チームのために、きちんと行動できる人間に育てていただきました

スポ根の精神を理解できた自分にも、我ながら驚いています
これは・・シュタイナー教育とはすごくかけ離れた世界・・・?
そうかもしれないし、そうでないかもしれない
この物質的に豊か過ぎる時代を生きるためには
ものすごい精神性を必要としているかもしれませんし

自分が出会った人や運命の中で
学ぶべきことを見つけ出そうとするには
これ以上びっくりする課題は無かったと思います

あと数ヶ月、最後の大会まで突っ走る子どもたちを応援します!


関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。