認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 雲の中のやつTOP認識のさんぽ ≫ 雲の中のやつ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

雲の中のやつ

何かを通り抜けさせる

しーーー

と言う

それは身体だったり空間だったり

そのあとに私たちは空洞を見る

その空洞のなかに何かが漂っているように思われ

その空気物に何らかの形を授けようとする

というよりも

やつは、その気配を感じ取ったものに刻印しようとし

成就したならば大変満足する

儀式
形式



踊り

言葉



関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。