認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 裏世界の裏世界TOP認識のさんぽ ≫ 裏世界の裏世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

裏世界の裏世界

内界と外界が反転したとしたら
それが裏世界である

裏世界にとっては、この世界が裏世界である

もし霊界と物質界があるとすればそんな感じ

霊という言い方も、ここしか物質界はないと思っている側の言い分で
裏世界からするとこの世界側は組成が特殊なのである

特殊というのは成分が結晶しすぎているってことで、物質化とは硬化なのである
しかし硬化するに当たっても全ての中にデザインは浸透しきっており
デザインそのものも、より流動性のないものから時間的展開を行えるもの、自己デザイン力を持つもの、世界認識、操作、創造へと向かうものまで存在し、その意識内容から反対世界がわに移動することまで出来るのである

この意識内容の穴からちょっと行ったり来たりしてみて
そして初めて世界の全体像をつかむことができる

この世界がわに引きこもってばかりいてはいけない
肝心の移動能力まで世界の硬化に使ってしまうようになり
そうしたら物質側は切り離され、硬化側に埋没することになる

次の世界では今の硬化世界が大地になり、お金の流れも川となっているでしょう
ときどき、流れる数字で洗濯したりするかもしれませんね

おしまい



関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。