認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 交歓力 memoTOP認識のさんぽ ≫ 交歓力 memo

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

交歓力 memo

シュタイナー教育で、テレビは良くないと言われるのを何度か読んだことがある

じゃあ、なぜ良くないのか?のわかりやすい説明は、まだ聞いたことがない

何かが悪いと信じ込むより、あるものがいったいどのような作用をもたらすのかを吟味し、それから自分はどうするかをドグマに縛られることなく自由に判断すればよいのである…

以下、テレビがついていない時間がもたらすものについての吟味

テレビを好きな家族が旅行に出かけ、テレビがつかなくなった期間に感じたこと

物との交歓能力が高まった

色々なものたちが、こうしてもらえると嬉しいと、ざわめいている

私自身に関しても、ほんの小さなことでも「こうしたい」と、私の気づかない私がざわめいていることを発見する

物や植物や動物や私自身との交歓能力は、テレビをつけない時間のほうが高まる

そりゃあそうよね、意識が向かうところが違ってくるのだから

■ デジタル大辞泉の解説
こう‐かん 〔カウクワン〕 【交歓/交×驩】
[名](スル)ともに打ち解けて楽しむこと。「試合後、両校の選手が―する」
関連記事

Comment

おはようございます。
編集
>物との交歓能力が高まった
交感というより、交歓ですか。いいですねー。
私も気がつけばテレビ漬け。面白そうな番組をいつも探しています。
日常、ずいぶん意識がつまらないものに向いていることが多いです。

>色々なものたちが、こうしてもらえると嬉しいと、ざわめいている
ざわめきですか。いろいろなものの意識がいろいろ聴こえるんですね。
いろいろなものから好感を持たれていることを感じているんですね。
子どものころ、動物と話ができるドリトル先生に憧れたものですが、
森羅万象すべての意識とつながることができれば最高ですね。
2014年03月03日(Mon) 09:41
バーソさんへ
編集
バーソさん、こんなつぶやきに耳を傾けて下さり、ありがとうございます^o^

その後お体のほうは快調ですか?
バーソさんのお気に入りの番組は何だろう?と想像してみています
好きな番組があると、一日、一週間にリズムが出来て楽しく過ごせますよね

私は少し前にやっていた、「白い巨塔」を楽しみに見ていました
映画もよく録画してみています
ただ、見たい番組を決めずにずっとついているのは苦手です
頭の情報処理能力が低いのか?次々に色々な画面、内容が移り変わるのを見るとクラクラしてしまいます

それに比べ、交歓生活は様々な発見があり楽しく穏やかです
私と世界は、もしかしたら隔ての無い一つのものなのではないかと感じ、慈しむ気持ちが膨らみます

体が老いてくると、魂は敏感になる気もします
年をとるのも悪くないです^o^
2014年03月03日(Mon) 20:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。