認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 神秘学と哲学TOP読書 ≫ 神秘学と哲学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

神秘学と哲学

「シュタイナー哲学入門 」高橋巌 著 メモ

《 哲学と神秘学》

共通点

宇宙、あるいは世界と人間の問題を、その根底まで突き進んで把握しようとする

違い

☻哲学

認識したことを概念化、論理化

獲得された認識内容を一般に通用する形で表現しようとする

☻神秘学

理論上の可能性として、認識の限界を設けない

どこまでも体験を深めようとする


★彡★彡★彡★彡★彡★彡★彡★彡


哲学と神秘学は、同じものの二つの側面を表す二つの言葉

・宇宙あるいは世界の問題と人間の問題
・外部の問題と内部の問題
との関わりにおいて、

哲学は顕教的(エクソテリック)
神秘学は秘教的(エソテリック)

哲学は、神秘学の対社会的な側面

神秘学は、哲学と共有する内容の内的な側面

★彡★彡★彡★彡★彡★彡★彡★彡

hasutamaイメージ

「自由の哲学」との関連で


意識があって、観察と思考が対立項としてあるとすると、(この対立項こそ、あらゆる対立項の中で重要、根源的であるとシュタイナーは「自由の哲学」の中で述べている)

自分の意識が外側の世界を観察し、
その観察内容を、意識の内側で思考することで、認識内容を得る

意識の内側の思考の体験を、さらに内側の地点にたどれば神秘学になる

観察した対象があった世界の側に、認識内容を差し出す時には哲学の形をとる

★彡★彡★彡★彡★彡★彡★彡★彡★彡

追記

世界と人間 と考えるとき、内側と外側の話になる のは、自意識の存在形式のためであるとすると、

もし自意識の存在形式が変化するなら、世界と人間、内側と外側のあり方も変化する

そういう方法論の中に実験的に存在してみようとする場合、自意識が人間の全存在を含めるなら、その実験を「生きる」ということになる
関連記事

Comment

No title
編集
シニアナビというサイトをよく利用しているのですが、よろしければこちらのブログを登録されませんか?きっと沢山のメンバーに読んでいただけると思います。
2014年02月20日(Thu) 20:13
通りすがりさんへ
編集
お知らせ有難うございます

考えてみます(^O^)
2014年02月20日(Thu) 22:16
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014年02月23日(Sun) 22:43
鍵コメ様
編集
コメント有難うございます

そう言っていただけて、とても嬉しいです

意識内のことを何をごちゃごちゃ言って…みたいな風に感じられる方も多いと思います

しかし、私としては今、「自由の哲学」というシュタイナーの本を読むにあたり、頭を整理する必要があるので、意識内の地図をなるべく正確に把握してみたいと思っています

夢、死の地点、激情の地点、思考の地点、などは、私という意識が、外側、内側と配置する世界のどこにあるのか?また、それらと「私」との位置関係は?意識は、どう移動する、あるいはその中に「私」が取り込まれ、消失するのか?この全体を幾何学的に把握してみたら、面白い図形が描けるのではないかしら?などなど、興味はつきません


もしかしたら、社会的に聖と俗がきちんと分かれていた時代より、形を変えてどこに出没するかわからなくなってしまったように思われる時の方が、意識の地図をきちんと把握する必要性は高まるのかもしれないと思います

更新される記事を、楽しみにしています^o^

2014年02月25日(Tue) 10:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。