認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ シュティルナー / 唯一者とは?TOP認識のさんぽ ≫ シュティルナー / 唯一者とは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

シュティルナー / 唯一者とは?

シュタイナーの基本書「自由の哲学」を精読しようとしているが、すぐに気になるところ、ひっかかる表現に出会ってぼんやりとしてしまう

ぼんやりした時間を積極的に過ごすため、シュタイナー本人が「自由の哲学」では同じ主張を違う形で表現したと述べているというシュティルナーの考えについて調べてみている

娘が、研究中のマックス・エルンストというシュールレアリズム画家の評伝の中に、シュティルナーのことが出ていると教えてくれたのでメモしておく

マックス・エルンストは成長するにしたがって、オカルトや魔術的秘教に強く惹かれるようになる。15歳のとき、彼は父親と教会への反抗心から、一冊の本を手にした「唯一者とその所有」であった。

1845年初版を見たこの哲学的な著作はフォイエルバッハからの引用ではじまる。

「人間であること、
これこそ人間至高の本質である。」

シュティルナーは、人間は動植物同様、何者によっても命じられることなく、なんの責務ももたず、規定されることもない、と主張する。

あまりにも長く、人の本能的な能力が教師や聖職者によって抑圧されてきた、とシュティルナーは考える。

もっとも重要なのは、自我が別の自我を思いやる「キリストの魔法の輪」から抜け出すことである、と彼は言う。

「『私』より下にあるあらゆる真実は『私』にとって好ましい。

しかし、『私』より上にあるただひとつの真実、『私』が『私』を裁かねばならぬ、というそのたったひとつの真実だけは私の関知するところではない…。

『私』は無数にある『私的なるもの』のなかの単にひとつの『私』ではなく、『私』は唯一の『私』である。

『私』はただひとつである。
したがって、『私の』欲望も、『私の』行為も、ようするに『私』に関わるあらゆるものはただひとつなのである。

そして、この唯一の『私』としてのみ、『私』はすべてのものを、『私』の所有とするのであり、同様に『私』はただこういう『私』としてのみ動き、発展するのである。

人間として、人類の一員として『私』は発展するのではない、『私』は『私』として発展していくのである。
これが『唯一者』の意味するところである。」


ローター・フィッシャー著 「Max Ernst」より

おまけの写真
竹細工 先輩の作品作り
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。