認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ シュティルナー「唯一者とその所有」メモTOP読書 ≫ シュティルナー「唯一者とその所有」メモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

シュティルナー「唯一者とその所有」メモ

我々をして古代人によって残された遺産をとって、活動する労働者として、能う限りそれを使用せしめよ…それをすっかり費っちまえ!

世界が我々の脚下に、我々と我々の天の下に遥かに侮蔑されて横たわっている、世界の大きな腕は最早そこに突き込まれない。

そしてその昏迷させるような呼吸がやってこない。

それがよし挑発的の姿勢をとるとも、それは我々の感覚以外の何物をも混惑することは出来ない。

それは精神を惑わすことは出来ない…そして結局我々は実際精神ばかりである。

一度物の真相を捉えたところで、精神はまたそれらの上に達した、そして解放され、天的になり、自由になって、かれ等の束縛を脱した。

そう「精神的自由」が語る。


しかし、それは単にこの世の中から去ってそして世界から自由な一存在をそれ自身から作ったけれど、実際はこの世界を絶滅させることは出来ない。

だから、この世界はそれに対して取り去ることの出来ない躓きの種として、不信な存在として残る。

そして一方、それが精神及び精神的のこと以外に何物をも認識しないから、それは永久にそれとともに世界を霊化せんとする欲望、即ち、それをブラックリストから救済せんとする欲望を携帯しなければならない。

だから、青年のように、それは世界の救済若しくは改善に対する様々なる計画を抱いて歩きまわる。



第一編 人間編 近代人より
関連記事

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。