認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOPスポンサー広告 ≫ 美しいものが私を祝福しているTOP未分類 ≫ 美しいものが私を祝福している

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

美しいものが私を祝福している

人間界を生きているといろいろなことに出くわします
きっとお互いびっくりしているのでしょうが
私は私で、私なりな価値観で「何なの?この人!ありえない!!」
と、表面上は冷静を装いつつも内心激しく反感を持つことはよくあります

そんなときいったいどうすればいいのでしょう?
どう考えても受け入れがたい人に対して!

こうしたことに対してシュタイナーが言っていることこそ
まったく受け入れがたいのですが
彼が言ったことで覚えているのは

相手への反感を静め畏敬の念を持つ

またそのような時には

何か非常に美しい存在が自分を祝福していると感じる

というものです

今日だってパート先で起こったたくさんの忌まわしい出来事
反感を持ってしまった方々・・に対して
そのような対し方が出来るでしょうか?

うむ~~
神秘学徒の道は険しいな・・

関連記事

Comment

祈り・・・
編集
ぼくね、一応クリスチャンなので、祈ることで、自分の感情を抑えています。
2009年10月06日(Tue) 21:54
足を洗った話・・
編集
最後の晩餐のときに
キリストがみんなの足を洗う場面がありますよね(ヨハネのしかわかりません)
本当に考えさせられます

クリスチャンではないですが
2009年10月07日(Wed) 10:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。