認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年07月
ARCHIVE ≫ 2015年07月
      

≪ 前月 |  2015年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ローリーと私の新しい関係

どうしてローリーのことを書いたときに、
最後に虹の写真をつけてしまったのだろう?
あとちょっとでお誕生日だったのに
前の日まで元気だったのに
私があげたおやつが原因で急に体調を崩したローリーは、まるで月に帰るかぐや姫みたいに、あっと言う間に虹の橋を駆け登って行ってしまったのである

亡くなってから一カ月以上たって、やっと外出先から慌てて帰ろうとしたり、玄関でローリーを呼ぼうとしたり、色々な挨拶をしてしまいそうになる癖がおさまってきた

でも不思議なことに、ローリーが居なくなって、ローリーを好きだった分ポッカリと空いてしまったような胸の穴ポコが、外の風の通気孔になっている

風は通りながら囁きかける
以前にもそう感じることはあったけど、違うのは、以前には風は私の外にあった
でも今は私の中を風が通り、以前のように聴くのではなく、風と私は一つのもののように分け隔てがない

シュタイナーが言った色々なことが、
急にピンときたりする

世界や社会へのクエスチョンにも、面白い案を出してくれる

ローリーなの?
と聞いてみると、頭に浮かぶローリーはいつもすごく嬉しそうにする

今日は「汝の敵を愛せ」という言葉の解説と実践に関するイメージを囁きかけてくれた

そんなことって意味あるのかな
クリスチャンでもないし
現実的に考えると、バカみたいで何の効力もない
いわゆる、お花畑的発想!?

しかし、心の深いところでは腑に落ちる気もする

世界を、醜いなら醜さそのままに愛するって出来るのかな
風と自分が同じだと思ったように、その醜さを自分としてみる

実験してみるのはタダだし、やってみようかな?

それで、まずは阿部さんに対し心からの愛を送ってみた

やっていることを彼は背負う、でも彼なんてただの表皮にすぎない
自分が道具にすぎないから、人を道具のようにしか考えられないのだ

一輪の花、たった一匹の犬だって、本来は天使なのにね
しかし、命の価値がとてつもないものだということを本気でわかるのは、とても難しい
だから、道具の価値が自分の価値だとせめて思いたくなる

ローリーと一緒に、色々実験してみよう
スポンサーサイト
プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。