認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年01月
ARCHIVE ≫ 2015年01月
      

≪ 前月 |  2015年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

有機的な思考/試論「自由の哲学」ノートより



(別ブログで、)自分が書いた前の投稿を読み返していて気がついたこと

はじめの問題提起から、いくつかの踊り場を経て、段階を踏んで発展していく有機的思考は、気付かないうちに私自身の中でも展開していく

それで、その思考の展開から受け取るイメージは、やはり植物だ

ある思考の展開が、言葉の種から始まる植物だとするなら、人間の意識が大地である

はじめの問題提起を種子として、シュタイナー氏が2つの対立する方向性とだ言う「観察と思考」を双葉として、太陽の光に向かう有機的思考植物?

いや、そうそう…双葉の前にある、種からの2つの方向性も加味しなければ
種からは、地中と地表へと発根、発芽がある

もし種からのこの2つの方向にあてはめてみるなら、この世界は大地的物質世界としてあり、だから観察は発根方向だと言える
そして太陽へと向かう空間は、人間の意識の上空、思考方向にある

なんだか、面白くなってきたぞ^o^
スポンサーサイト

バラバラなイメージ

独りブレーンストーミング

🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀

日々は、反応ではなく意志したものでしかあり得なくなっている

何かをやろうとするのは、それが実現可能だからではない

「人が何かを決意するなら、それはもうすでに狂気じみている」

イメージで思考する、イメージが思考する

断片を愛する

夢を地中に埋める
(地中とは、肉体も含まれている)

思考に選ばれる

🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀🌀







プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。