認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年04月
ARCHIVE ≫ 2013年04月
      

≪ 前月 |  2013年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

田んぼ仕事 苗床作り&種籾播き

今まで知らなかったけど、植物を育てる人にとって
春はとても忙しい季節だったのですね

花の苗を栽培している職場では、なるべく多く出勤するようにと言われます
でも、自分の種を播いたり、苗を育てるのにも時間を取りたいし・・
お天気が不安定で、なかなかタイミングが合わないのよねー

昨日、今日と久々のお休みだったので
雨の合間を縫って田んぼ仕事を頑張りました
ブログも、たまには更新せねばと携帯で写真も撮ってきました

あら?以前よりも行動がぱっぱと出来る・・鬱気分がかなり改善しています!
この調子を継続できますように

今日は、田んぼの一角に苗床を作り、種籾を播きました
自然農の種籾まきは2年目です
でも、先日の講習日に参加できなかったから、ちゃんとできたのか不安です

れんげが生い茂る田んぼの一角に、温床を作ります↓
すでに、忙しそうにお仕事をしているみつばちさんたちがいらっしゃいました
かわいいな
養蜂をして、れんげはちみつを作ってみたいな♪




さて、はじめましょう!
まずざっと草を刈り↓(地表より少し上のあたりで)




それからさらに地表すれすれに草を取ってから
草をどけて、軽く土をほぐし↓




全体を鎮圧して平らにし
お米の種類ごとのお部屋を作りまーす↓




それから種籾ちゃん達を秩序正しく寝かせて
(ほんとはばら蒔きでよい それより、地表のでこぼこが無いほうがいいのかも)




上にかける土を用意します↓




ところが・・ここの田んぼの土ってものすごく固い!
なにしろこの土で、昔は瓦を焼いたのだそうです
頑張ってほぐします↓
(土の塊に突き刺してある道具は、山菜取りのホリホリ




砕いた土をかけて↓



藁のお布団をかぶせ、鎮圧し
鳥よけの天蓋をつけたら出来上がり~





おまけ↓おうちで育てている子達




ついつい過保護に育てているので、畑デビューさせるのが心配です
社会に出てから苦労してしまうから、こういう子育てはいけませんね

おわり








スポンサーサイト
プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。