認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年06月
ARCHIVE ≫ 2011年06月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2011年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

私にとって、すーっとする考え

節電って何が出来るかしら?
と考えると
一番いいと思ったのは
早寝早起きです

ついつい朝方まで起きていたりするのが
一番電気使ってるし
不健康は神秘学徒の条件満たさないので
ちょうどいいです
だから
もう寝なきゃ

今日は会議で帰りが遅くなったので
ごはん、お風呂で十時過ぎてしまった

いただいて嬉しかったコメントのお返事も
ゆっくり書きたいので明日にします

あ~でも、ネット他でニュース見ていて
めちゃ嫌な気分だったから
自分で見つけたものでバランスとってからじゃないと
安眠できない感じ

安眠剤として・・



本澤二郎の「日本の風景」(804)

ポピュリズムと菅政権

これらを拝見して、そーだそーだ!って
私としては、方向性こっちって確認
自己満足的に「すー」っとし・・

おやすみなさ~い
スポンサーサイト

思惑よ、汝 古く暗き気体よ

   
思惑よ、汝 古く暗き気体よ、

わが裡より去れよかし!

われはや単純と静けき呟きと、

とまれ、清楚のほかを希はず。

交際よ、汝陰鬱なる汚濁の許容よ、

更めてわれを目覚ますことなかれ!

われはや孤寂に耐へんとす、

わが腕は既に無用の有に似たり。

汝、疑ひとともに見開く眼よ

見開きたるまゝに暫しは動かぬ眼よ、

あゝ、己の外をあまりに信ずる心よ、

それよ思惑、汝 古く暗き空気よ、

わが裡より去れよかし去れよかし!

われはや、貧しきわが夢のほかに興ぜず

            by 中也 (「羊の歌」より)


今日仕事で車に乗っていたら
ラジオからこの詩の朗読が流れてきた

時代のせいか、
ちょっぴりしみったれていると思うけど
それでも
この言葉の力強さを
とても痛快に感じた

ごたごたやっている政治家達に向かって
呪文のように言い放ってみたい

汝 陰鬱なる汚濁の許容、

古く暗き気体よ、

去れよかし!


かはは!・・気持ちいいな

それから・・

汝、疑ひとともに見開く眼(まなこ)、

己の外をあまりに信ずる心よ、

去れよかし!


これ、羊のような国民向け?

震災後、なぜか中也さんの言葉が

「すー」っと胸にしみてきます


盆踊りメンバー紹介

以下転載記事のみ↓(でも転載元は無くなっている・・?)

ここに原発利権に集る議員たちの名簿をご紹介する。その顔ぶれを見るとそのほとんどは腐敗しきった自民党の政治家たちだ。

菅総理が断行した1)浜岡原発の停止。2)送電網の分離案。3)事故調査・検証委員会の設置。4)そしてG8での「2020年代で自然エネ20%発言」。

これらに呼応するかのように、民主自公、超党派の菅下ろしが加速した。

菅総理が、浜岡原発を止めてくれたことで、一体何百万、何千万人の尊い日本人の命が救われたことか・・・。放射能に苦しむ福島の子供たちを顧みず、美しい日本の国土が放射能に汚染されてもなお原発の汚い金に目がくらみ、原発の延命をたくらむ政治家たちは、菅総理を引きずり下ろすことに可笑しいほど必死の形相だ。

国民は、選挙の日まで、このような政治家としてあるまじき面々の名前と顔をよく頭に刻んでおく必要がありそうだ。


↓これは一部と思われますので不足と思われる名前がありましたら随時追加お願いいたします。
【原発利権に集る議員名簿】

■岡田かつや 2010年6月25日 ... 岡田克也外相は25日の記者会見で、インドと原子力協定を締結する方針を明らかに。原発売り込みに躍起になっていた。

■前原 誠司 「原子力の平和的利用における協力のための大韓民国政府と日本政府との間の協定」に署名

■石破茂氏
・今年長女が東京電力入社
・夫人が昭和電工取締役の娘(東京電力・昭和電工とも森コンツェルン)
・東電の大株主金融が出身支持母体
・東京電力株 4813株保有  
・原子力というエネルギーをどのように安全にして維持していくかということから目をそらしてはならないと脱原発の動きをけん制。

■谷垣禎一氏
・元原子力委員会委員長
・元原子燃料サイクル特別委員会委員長
・地下式原子力発電所政策推進議員連盟

■大島理森氏
・核融合エネルギー推進議員連盟 副会長
・電源立地及び原子力等調査会 元会長(現在、顧問)
・元原子力委員会委員長
・青森県六ヶ所村再処理施設誘致

■石原伸晃氏
・原子燃料サイクル特別委員会副委員長
・原子力研究所を核燃料サイクル機構傘下に吸収させる
・発送電分離、浜岡原発停止等を批判(手続き上ということではありますが)
・反原発、「集団ヒステリー」

■西岡武夫参議院議長
・諫早湾干拓は父親の構想がルーツ。
・諫早湾干拓訴訟で開門の判決を受け入れた菅首相に激怒。
・地下式原子力発電所政策推進議員連盟

■鳩山由紀夫氏
・選挙地盤の室蘭にある日本製鋼所が製造する原子炉圧力容器は世界シェア80%
・地下式原子力発電所政策推進議員連盟顧問

■小沢一郎氏
・原発に慎重だった民主党の政策を「原発推進」に転換。自民党の原発利権誘導型政治をつくった。財界人で小沢を囲む「一政会」を作ったのが平岩外四・東電元会長。日米の草の根交流を図る「ジョン万次郎の会」は平岩が発起人。この会は東電の勝俣恒久会長が理事も務めている。勝俣会長は、小沢の囲碁仲間。

■田中角栄氏は原発建設のためのお金を総裁選挙でばらまき、首相の座を射止めている。

■山岡賢治副代表 自民党福田派→安倍派


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【原発温存のために大連立を企てようとした面々】

原口一博前総務相 自民党河本派系列 新進党

松野頼久元官房副長官 新進党→民主党

松木謙公前農林水産政務官 自民党員→自由党→民主党

田中真紀子元外相 (補足不要)

政務三役の樋高剛環境政務官 自由党→民主党

小泉俊明国土交通政務官 

中山義活経済産業政務 自民党→新進党→民主党

平田健二参院幹事長 新進党

三井辨雄国土交通副大臣 新進党

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓上記と名前の重複もあるが、地下に原発こさえて地下水と国土をさらに汚染しようとしている政治家たちのメンバー。

「地下式原子力発電所政策推進議員連盟」(地下原発議連)

会長
平沼赳夫(たちあがれ日本)

顧問
谷垣禎一(自民党)

安倍晋三(自民党)

山本有二(自民党)

森喜朗(自民党)

鳩山由紀夫(民主党)

渡部恒三(民主党)

羽田孜(民主党)

石井一(民主党)

亀井静香(国民新党)

事務局長
山本拓(自民党)

・・・・・・・・・転載歓迎いたします。ご自由にどうぞ!・・・・・・・・


(尚、この記事には、コメントを受け付けません
認識のさんぽ | Comments (-) | Trackbacks (-)

電気じかけの人生?

先日のデモに参加するときに
何かプラカードを持ちたいと思って
思い出したのは
ずっと前に
古道具屋さんで買った「ゲルニカ」のポスターだった

picaso.jpg

やっと探し出して見ると・・

実は、以前にはこの絵を
部屋にポスターとして貼ったら
カッコいいなと思っていただけで
絵の表わすところのものについては
あまりピンと来ていなかったの

でも、今回あらためて見たら
今の自分自身の気持ちの中に
この絵にすっと入って
共感できる部分があることに気がついた

うまく言えないのだけど・・

この絵の中の
バラバラになってしまったものたちに
すごく共感する

最も傷つけられたのは
肉体というよりも
脈絡なのではないかと思った

悲しみさえ、
部品ごとの叫びになってしまって
足は足で、電灯は電灯で、
それぞれに錯乱してしまったのだ

目だって
存在の意味を失ってしまって
焦点を合わせる意志も働かないのだから
ずれるのは必然だ

何にせよ、意味がないままに存在することは
なんというか・・
グロテスクなのである

世界が有機的に存在するためには
その有機性を見渡す視点としての
人間の意思が必要だ

人が、物質に脈絡を与える意志を浸透させないなら
世界の、それぞれの存在は
グロテスクになってしまう

グロテスクの象徴のように原発がそびえ立ち
利権をめぐる部品のおじさんたちが
マスコミの音頭でにぎやかに
ぐるぐると盆踊りを踊っている
ちょっとでもこの神に逆らうものは
いけにえに捧げられてしまうから
用心しなくてはならない

今の日本が
こんなにグロテスクなのは
人が、意味づけの意思の力を
失っているから
というより
そんなのはもう、とっくの昔の話で
今では
人間自身がまるで
ちっぽけな部品のように
電気が来ないと動かない
物のように存在しているからではないだろうか?

脈絡のある悲しみを
悲しむことさえ出来なくなってしまったことこそが
最低な出来事だということ

物質だけが存在し
有機的な価値付けを行う
人間の役割が放棄されている

だからこそ
電力会社が
日本の秩序付けを行っているのだと
納得できる

電気に動かされるのではなくて
電気が足りなくても協力し合えるとか
工夫できるのだと確認したり
電気を自分たちで選択していくなど
電気に人間の意思を浸透させていくことが
だからやっぱり
すごく重要なことなのである






富に意思を反映させることが出来るか?

車の運転をしていたら
急にこの曲が聴きたくなった↓





昨日ツイッターのシュタイナーボットで
気になる言葉を見つけたので
今日、母の通院に付き添った待ち時間に
そのことをイメージしてみた

・・人間の内なる神は、
   魂がみずからを『私』と認識するとき、語りはじめる

魂がみずからを私と認識する とは?

私の魂が、魂としての自分を
「わたし」と呼ぶことをイメージしているうち
魂の「わたし」は
いつもの私に映像メッセージを送ってくれた

くるくると高速で回る平べったい盤のようなものがあって
その上には光のしずくが染み出している

魂の「わたし」と、この盤の関係は?

わからないけどもしかしたら
この盤が、何かを生み出していたり
何かを教えてくれるのかもしれない

いったいこの盤は、何の力によって回転しているのだろう?
電気じゃないよね?

わからないけど・・
思ったのは
未来においては
命や、魂の、無限の不思議さ、その力の
その存在を認めるかどうかということだけにとどまらず
それを、何に使うのかということ
自分自身の中にある、ありあまる富を
認識するのはもちろんのこと
それを、どう世界に役立てるのかということ
その意思を持つことは、
生きる必要条件となっていますように

この時代には、それが出来ずに滅んでしまった
このカルマを、未来においては乗り越えることが出来ますように

なんて!?



プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。