認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOP ≫ CATEGORY ≫ 好きな詩
CATEGORY ≫ 好きな詩
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

枠付け 権力 焦燥 欲望



以前エミリー・ディキンソンの詩をこのブログで訳して、それからまた訳し直していた
ところが最近またこの詩のことを思い出して、過去の自分の訳を見たら全然おかしい気がした

周縁
汝、畏怖の花嫁よ

汝を所有せしもの
全ての高貴なる騎士により
所有せらるる定めなり

この理が
なんとしてでも汝を
我が物にせねばと
挑ませる




まだ不満だけど
とりあえず
スポンサーサイト

思惑よ、汝 古く暗き気体よ

   
思惑よ、汝 古く暗き気体よ、

わが裡より去れよかし!

われはや単純と静けき呟きと、

とまれ、清楚のほかを希はず。

交際よ、汝陰鬱なる汚濁の許容よ、

更めてわれを目覚ますことなかれ!

われはや孤寂に耐へんとす、

わが腕は既に無用の有に似たり。

汝、疑ひとともに見開く眼よ

見開きたるまゝに暫しは動かぬ眼よ、

あゝ、己の外をあまりに信ずる心よ、

それよ思惑、汝 古く暗き空気よ、

わが裡より去れよかし去れよかし!

われはや、貧しきわが夢のほかに興ぜず

            by 中也 (「羊の歌」より)


今日仕事で車に乗っていたら
ラジオからこの詩の朗読が流れてきた

時代のせいか、
ちょっぴりしみったれていると思うけど
それでも
この言葉の力強さを
とても痛快に感じた

ごたごたやっている政治家達に向かって
呪文のように言い放ってみたい

汝 陰鬱なる汚濁の許容、

古く暗き気体よ、

去れよかし!


かはは!・・気持ちいいな

それから・・

汝、疑ひとともに見開く眼(まなこ)、

己の外をあまりに信ずる心よ、

去れよかし!


これ、羊のような国民向け?

震災後、なぜか中也さんの言葉が

「すー」っと胸にしみてきます


冬来たりなば・・

 THE SONG OF THE SNOWDROP FAIRY

Deep sleeps the Winter,cold,wet,and,grey ;
Surely all the world is dead ; Spring is far away.
Wait ! the world shall waken ; it is not dead,
for lo,
The Fair Maids of February stand in the snow !



 「スノードロップ姫の詩」

深い 眠りの中で
冬は 冷たく ぬかるんで 灰色に沈む
まるで世界は 死に絶えてしまったかのよう
春は きっと もう来ない

待って! 
世界は 息を吹き返している 死んでなどいない
 だって 見てごらん
如月の かわいいスノードロップ姫が 雪の中に立っているよ!


                   (でたらめ訳 by hasutama)

snow drop

輪郭線のこと・・「Circumference thou Bride of Awe」

Circumference thou Bride of Awe
Emily Dickinson
1620

Circumference thou Bride of Awe
Possessing thou shalt be
Possessed by every hallowed Knight
That dares to covet thee


前に書いた輪郭線を描くという記事を、あらためて見たら
・・と言うのも、「エミリー・ディキンソン」「輪郭」と入れて検索したら
自分の記事が出てきて、めちゃ驚いた
読んでみたら
そこに書いた自分の詩のとらえ方は違うのではないかと感じ
また考えてみた

・・だからと言って、正しい解釈ができるかわからないし
そもそも、詩に正しい解釈とか・・意味ないですね

この詩は直訳すると、正直、何が言いたいのか全然わからない

以前記事にも書いた
武満徹さんに対する大江健三郎さんの追悼文の中で
この詩に出会ったのだが
追悼文の中で、この詩の中に出てくる「周縁」は
尊重すべきもののように書かれていると感じたものの
しかしディキンソンさんの意図は、よくわからないまま

それがちょっと今回ピンと来るものがあって
大胆にも、訳してみました↓

縁どり・・なんじ、「畏れ多きもの」の「花嫁」よ
もしも、そなたを身に付けることが出来たなら
あらゆる男爵様がたの栄誉にも
ひっついていられるようになるはずだ
そこで、身の程知らずにも
なんとかそなたを、ものに出来ぬかと恋焦がれる


↑hasutama超意訳・・
(「周縁」を「縁どり」にしました レースの縁どりを想像すると花嫁っぽいかしら?と・・)

Possessed by every hallowed Knight
この一行がよくわからない・・Possessと、Knightが・・

でも、とりあえず・・ディキンソンさんの人生を考えれば
訳はこのようになる気がする

「周縁」の、その「線引き」でありながら、「格付け」であるような
人を拒絶する偉そうな性質を
彼女は好きではなかったと思う
それはまるで、水戸のご老公の印籠で
「控えおろ~」的なものに感じられたはず


でも、以前は、線引きは気高いもので
距離感があったほうがいいよね・・と、とらえていた
ディキンソンさんが、どういう境遇の中でどのようにそれを捉えていたのか
気付かなかったし
彼女の魅力である、深い痛みを伴ったユーモアたっぷりな皮肉も
見付けられないままで

なぜ、あらためてこの詩を思い出したかというと
「神秘学遊戯団」さんというサイトで
シュタイナーの言ったことを読んていたら
「認識」について
線引きし、輪郭線を付けて外側から批評、批判するのが、現代のやり方だが
その奥底にあるのは
「人は皆、自分のようになるべきだ」
という考えだ、という話があった
(う~、きっついけど確かにね~)

これは前にも読んでいたが、あらためて読んでみると
「輪郭線」に対するこのような解釈が
シュタイナー教育でよく見かける
ボワ~とした「にじみ絵」に反映しているように思って面白かった

そして、その「線引き」や「輪郭線」が、意味するもの
冷たさや拒絶感、賢さを装った自己中のアホらしさを
シュタイナーもディキンソンさんも
同じく感じ取っていたことに驚く 

それに、リンクをはらせていただいている
尊敬する房さんの記事「木を知るには森を知り」を拝読し
なおさら納得が深まりました
(房さんいつも有難うございます)

そのようなことが積み重なって・・

ず~っと意味不明「?」に思っていた
ディキンソンさんの詩の意味に「!」が来てくれた~
(あっているのかどうかは、わからないですけどね)

でもな~
それだと、武満さんや健三郎さんが言っている
「周縁」を大切に考えるとは、どういうこと?

またあとで、もう一度よく読んでみましょ



プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。