認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOP ≫ CATEGORY ≫ 音楽
CATEGORY ≫ 音楽
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

打破~!!

この気持ちよい曲は、
結婚前に夫がくれた「カセットテープ」(なつかしー)に入っていた

急に聞きたくなりました
チャボさんが低くうなりながら、しぶいギターをかき鳴らし、
間奏でトランペッターが大暴れ
相当ひび割れてきたところへ
最後にキヨシローさんが出てきて、完全に打破!します

打破って、楽し~のですね♪

スポンサーサイト

秋ですね



3枚組みのビル・エヴァンスのCDがあって
1枚目は比較的元気な曲が多く
2枚目は暗く沈んでいく感じ
3枚目はどうだったかな・・

先月までは2枚目以外は全然聴けなかったのに
今月に入って、ためしに1枚目を聴いてみたら、いいなと思った
元気になっているのかもしれない
そういえば以前ほどは気力が低下していない
彼の音を聴いていると
血流にリズムが刻まれ、心臓が共振し始めるようで
軽やかに嬉しくなれる

それと、「自由の哲学」を細かく読み始めたら
さらっと読んだときには気がつかなかったことも発見できて楽しくなってきた
シュタイナーったらほんとに笑わせてくれる

対象←観察←思考・・この場合、思考は観察するやいなや行うことが出来る
通常の対象に対しては、そうであるが
観察、思考の対象が「思考そのもの」であるときには
はじめの、対象への思考が生起するのと同時に行うことは出来ない
なぜなら、私が思考するとき、私の意識は、観察対象に向けられているからである

机についての私の思考を、思考しようとしても
私の意識は机に向けられているので
「机に対する思考」を、「机に対する思考への思考」と同時に行うことは出来ない
その場合には、私は「対象←観察←思考」が行われた後に
それが行われた地点から
一つ外側に位置を移動しなければならないのである・・

ビル・エヴァンスとの共通点は?
うーんと・・
え!?そんなところでそんな面白いこと!?みたいな
真剣に、ずれてみる楽しさ・・
(・・一つ外側への位置移動?)

そういえば
小学生のときは「アルセーヌ・ルパン」シリーズが好きで
何巻出ているのだろうか?全部読んでしまったときには悲しかった

ルパン・・とは、オオカミでありながら花である(!?)

おしまい



刻印を愛す



倒れこんだ地点

そこから見える風景

それだけでもいいのではないか?

人生がそこで判のように刻む

私を

それを愛してもいいのではないだろうか?

というより

それを愛すことが無いなら

愛すということなど無いだろう


この曲を聴いていたら

そんな気持ちが励まされた

やる気がないほうが好き♪



夫が車の音楽をビル・エヴァンスにしておいてくれたので嬉しかった

音楽は一瞬で気分を解きほぐしてくれます

職場で嫌味ばかり言う人がいるのですけど、
今日は周りの人もびっくりするようないじわるを
新人の人にしたので
みんなは新しい方に同情
お隣だった席を離してあげる相談をしていた

聞いてみたら意地悪なその人は、事務だけどパソコンが使えないので
仕事が無くて暇すぎるのだとか・・

それでも、意外なことに彼女はちょっとしたことでも頼んだときには
嫌な顔一つせず、すぐにやってくれる

きっと・・前まではずっと、みんな彼女に頼っていたのだろう
いつまでも、そうであったら良かったのだけど・・

それにしても、彼女はどうしてパソコンを覚えようとしないのだろう?
意地悪するエネルギーがあるならね

「朗読者」という小説を思い出した
普通に考えれば、変なの!でもどうしようもない・・
人はどこかで行き詰るものなの?

時には・・はりきって何かをするより、
だらだらと寝転んでみてね
ビル・エヴァンスでも聞いて
運命を解きほぐしてみて・・




卵 / 混沌



今一番癒されるのは車で聞くこれです↑

どちらかというと歌詞が無い曲のほうが好きです

一つの情緒、一つの観念
そーゆーものから解き放ってくれて
瞬間ごとに新しい感覚が目覚めさせられるのが気持ちよいです

「卵」という題からの
イメージとしては・・

これから生まれようとするものの中で
脈打つもの・・その気配
いったいどれだけのざわめき、叫びが閉じ込められているのだろう?

混沌になるならなれ
卵の中では
それは必要な過程だから

この世界の壁を割るそのときまで
あらゆる表現を
極限まで行うこと
それこそが求められている

卵に向かって
押し寄せてくるものはすごいです

生命が自覚の無いままにしょっているものの大きさを感じます









プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。