認識のさんぽ道

ルドルフ・シュタイナーの著作を楽しみ、 認識の小道散策へ出掛けます
TOP ≫ CATEGORY ≫ 暮らし
CATEGORY ≫ 暮らし
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ローリーと私の新しい関係

どうしてローリーのことを書いたときに、
最後に虹の写真をつけてしまったのだろう?
あとちょっとでお誕生日だったのに
前の日まで元気だったのに
私があげたおやつが原因で急に体調を崩したローリーは、まるで月に帰るかぐや姫みたいに、あっと言う間に虹の橋を駆け登って行ってしまったのである

亡くなってから一カ月以上たって、やっと外出先から慌てて帰ろうとしたり、玄関でローリーを呼ぼうとしたり、色々な挨拶をしてしまいそうになる癖がおさまってきた

でも不思議なことに、ローリーが居なくなって、ローリーを好きだった分ポッカリと空いてしまったような胸の穴ポコが、外の風の通気孔になっている

風は通りながら囁きかける
以前にもそう感じることはあったけど、違うのは、以前には風は私の外にあった
でも今は私の中を風が通り、以前のように聴くのではなく、風と私は一つのもののように分け隔てがない

シュタイナーが言った色々なことが、
急にピンときたりする

世界や社会へのクエスチョンにも、面白い案を出してくれる

ローリーなの?
と聞いてみると、頭に浮かぶローリーはいつもすごく嬉しそうにする

今日は「汝の敵を愛せ」という言葉の解説と実践に関するイメージを囁きかけてくれた

そんなことって意味あるのかな
クリスチャンでもないし
現実的に考えると、バカみたいで何の効力もない
いわゆる、お花畑的発想!?

しかし、心の深いところでは腑に落ちる気もする

世界を、醜いなら醜さそのままに愛するって出来るのかな
風と自分が同じだと思ったように、その醜さを自分としてみる

実験してみるのはタダだし、やってみようかな?

それで、まずは阿部さんに対し心からの愛を送ってみた

やっていることを彼は背負う、でも彼なんてただの表皮にすぎない
自分が道具にすぎないから、人を道具のようにしか考えられないのだ

一輪の花、たった一匹の犬だって、本来は天使なのにね
しかし、命の価値がとてつもないものだということを本気でわかるのは、とても難しい
だから、道具の価値が自分の価値だとせめて思いたくなる

ローリーと一緒に、色々実験してみよう
スポンサーサイト

トッポンチーノ

なんとなく気がのって、
母のミシンで「トッポンチーノ」なるものを作ってみた

トッポンチーノは、イタリア語で「小さな枕」という意味
用途は「新生児用抱っこ布団」である

一つは車の絵、耳をつけて

洗い替え用にもう一枚
水玉とレース

思ったより簡単に出来、すぐに
八月に出産予定のお隣さんにプレゼントした
赤ちゃんが乗って抱っこされているところを早く見たいな♪

ローリー&紫のヒヤシンス



今日は雨
ローリーの写真を加工して遊んだ

毛のある動物は、なんと美しいのだろう



身近に与えられた素晴らしいものたちを日々再発見し、心から敬いながら生活したいと思う



そんなこと思うの、年のせい…?

近況報告

たいへんご無沙汰していました

いろいろあって、鬱も極まって体調が最悪だったので
おそらく一番の原因と思われる仕事先を(といっても、ただのパートです)
変わることにしました

家から1分のところにある職場だったし、
パソコンを打つぐらいで、たいした仕事もなく楽なようですが、
職場の状況を眺めたり、職場の方からの話を延々と聞いていると、
なぜか精神が病んできます・・

めでたく退職が決まって職場の引継ぎを終えたら
やっと少し呼吸が楽になってきて

それから、いつも癒されに行っていたバラガーデンのスタッフに、
たまたま募集が出ていたため、試しに受けに行ってみました
すると思いがけず採用が決まって、今は新しい職場でお花に囲まれています

新しい職場は一見品のよいバラ農場ですが、働く側は意外にも体育会系で、
まるで昔の八百屋さんや魚屋さんみたいに、皆さん生き生き、てきぱきと働いています
以前の、どよーんとした雰囲気とは打って変わって、
活気ある職場に移れて本当にすっきり

今年度は、畑も含め、
植物の一年になりそうです






春休み /それぞれのパルス

春休みで娘達が帰ってきてくれて
学校での様子を聞きながら賑やかに過ごしています

子どもによって性格も、たどる道筋もまるで違って
今までの全体を振り返ると、小さな頃の出会いや出来事の全てに
なるほどそういう脈絡か~というような
一貫したものがあるような

かわいいかわいいと
ただ愛犬のようになでている場合ではなく
(なにしろもう私より背も高いわけで・・)
その子の持って生まれたものに対する
畏敬の念を感じざるを得ません
いや愛犬にだって、それを感じますけれど

私としては、ただ私という人間の範囲内で
何か言ってみるだけで・・
子どもは子ども自身の『宇宙』と言ってもいいような
不思議な網の目の中に生きていて
子ども自身のパルスが
常にその世界を関連付けるというか
有機的にするというか・・
出会うべき人を呼び寄せ
生きるべき出来事を生きていくという気がします

子どもにはいつも驚かされ励まされ勇気付けられる・・
なんとも受け身な私
若者からエネルギーを吸うだけの年寄りに
すでになっているという気がします




プロフィール

hasutama

Author:hasutama
神秘学徒hasutamaです・・なんてほんとうは、ただのおばさんです
シュタイナーの著作を読むこと、愛犬をかわいがること、音楽にかかわること、お庭仕事、友人とカフェでおしゃべりすることなどを楽しんでいます

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Powered
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。